ゲームとの距離感を見つめ直すことをしてみませんか。

>

暮らしの中でのスマホゲーム

この記事をシェアする

私の暮らしの中で、スマホゲームの楽しみ

スマホがこれだけ、生活の中に浸透してきているは、もう誰にも止められないですよね。これだけ便利なものがあるのに、使わないなんて、もったいないですよね。そのスマホに購入時からインストールされているゲームを使っている人ってどれくらいいるのでしょう。
私が特別に使っていない人なのでしょうか。
とても疑問に思うのですが、あらかじめインストールされているということは、それだけニーズがあるということなのよね。
ましてや、ゲームをプロとして捉えている人もいるのですから。しかし、希望をしたからといって誰でもが、プロになれるわけでもないですよね。

それなりの努力があってのこと。
プロとして活動されている人は、スマフォではない違う機器を使っていますしね。
いずれにしろ、暮らしの中での、ほんの少しの楽しみ程度で使っている人も沢山いるのでしょうね。

電車の中でも隣の席の人のスマフォを除くと、ゲームをしている人、よく見るもの。

友人との話題で

課金をすると、次のステージに上がることができるなんて、ゲームの世界に限ったことではないのよね。
大学だって塾だって、お金を支払うことができると、次の面白い世界に移行できるのだからね。
でも、ゲームや物語など、次の世界を見たくなるのは当然なのよね。
しかも、友だちとの会話に入っていけなくなる恐怖があるとすれば、なおのこと。
面白いことには、みんなが集まるし、また、ゲームを通じて友達になることもあるのだからね。言葉が通じない人とも、すぐに仲良くなれることもあるでしょう。

課金をすることで世界が広がることもあるけれど、無料の部分だけでも十分に楽しむこともできると言い切る人に、どうやって説明すればわかってもらえるのでしょうか。

経験してもらわないと説明できないのでしょうか。